CLOSE

お知らせ

公開シンポジウム「北朝鮮問題への新しいアプローチ」開催のご案内(2019/7/4、終了)

 このたび、現代韓国研究センターでは、全米科学者連盟(Federation Of American Scientists)のアダム・マウント氏ら専門家を迎えて「北朝鮮問題への新しいアプローチ」と題する公開シンポジウムを開催します。本シンポジウムは日英同時通訳にて進行します。
第1セッションではアダム氏らが取りまとめて今年3月に発表した北朝鮮政策に関する提言について取り上げ、第2セッションでは同提言を手がかりに安全保障、経済、人権分野の専門家による討論を行います。提言は次のリンクから取得可能です(英文PDFファイルです)。

https://fas.org/wp-content/uploads/media/FAS-DPRK-SG.pdf

 

 ご多忙のところ恐縮ですが、是非シンポジウムにご出席くださいますようお願い申し上げます。
参加をご希望の方は、氏名、所属、連絡先をそえてkcckskieas@info.keio.ac.jpまでご連絡ください。
なお、受付回答はいたしませんのでご了承ください。

————————————————————————

 

◆日 時: 2019年7月4日(木) 14:00~16:50
◆場 所: 慶應義塾大学三田キャンパス東館6階 G-Lab
【交通アクセス・キャンパス案内】
www.keio.ac.jp/ja/maps/mita.html
→キャンパスマップ【13】が東館です

 
◆プログラム:
14:00~14:05 開会の辞
14:05~14:50 第1セッション
報 告:アダム・マウント(全米科学者連盟)
司 会:アラステア・ゲール(ウォール・ストリート・ジャーナル)

 

15:10~16:50 第2セッション(パネル討論)
討 論:徳地 秀士(政策研究大学院大学、元防衛省防衛審議官)
    伊集院 敦(日本経済研究センター、元日本経済新聞ソウル支局長・中国総局長)
    サンドラ・ファヒ(上智大学)
司 会:西野 純也(慶應義塾大学)

 
◆使用言語:日英同時通訳

 
◆共 催 :韓国国際交流財団

 
◆シンポジウムでは、特別の場合を除いて映像による取材はご遠慮いただいております。
プレスの方々が、講演者等の発言内容を引用される際には直接本人の了解をとって
くださいますようお願い申し上げます。