CLOSE

活動報告

日中韓シンポジウム「東アジア新時代の日中韓協力」

 IMG_1314.JPGのサムネール画像のサムネール画像

テーマ: 「東アジア新時代の日中韓協力」 

日 時: 2012424日(火)10001800

場 所: 慶應義塾大学三田キャンパス北館大会議室

主 催: 慶應義塾大学現代韓国研究センター(日本)

       東西大学日本研究センター(韓国)

    社会科学院亜·全球戦略研究院(中国)

 

  

 本シンポジウムでは、日中韓の専門研究家たちが集まり、東アジア情勢について、研究報告および討論を行った。金正日死後の北朝鮮、日中韓の政権交代、修交後の日中韓関係など様々な懸案に対する3ヵ国の観点を明らかにし、共通認識を深めた。

 

*プログラム

 

10:0010:15 開会式 

                  

           開会の挨拶: 添谷芳秀 (慶應義塾大学・現代韓国研究センター)

                  祝辞: 孔魯明(元 外務部長官) 石東演(東北亜歴史財団)

        

10:15-12:15 第1セッション 朝鮮半島―北朝鮮、金正日時代から金正恩時代へ―

                    司 会: 添谷芳秀 (慶應義塾大学)

        報 告

日本側 : 小此木政夫 (九州大学)

    「金正恩体制の形成と対外関係」

韓国側 : 尹德敏 (国立外交院)

    「金正恩の北韓、どこに向けて行くのか」

中国側 : 朴鍵一 (社会科学院亜太·全球戦略研究院)

    「継承発展していく中朝経済協力関係」

指定討論

 

金景一 (北京大学・韓半島研究中心)

李成日 (東西大学)

          礒崎敦仁 (慶應義塾大学)

 

12:15-13:30  午餐

 

13:30-15:30  第2セッション 政権交代期の日中韓と東アジア

                  

               司 会: 鄭求宗 (東西大学)

        報 告

日本側 : 添谷芳秀 (慶應義塾大学)

    「岐路に立つ東アジア情勢と日本の政治外交」

韓国側 : 朴喆煕 (ソウル大学)

            「韓国の2012年総選挙及び大統領選挙と東アジア国際関係」

中国側 : 趙虎吉(中共中央党校)

     Value·Identity·Predictability of behavior and the relationships among China, Japan and South Korea

 

指定討論

 

朴鍵一 (社会科学院亜太と全球戦略研究院)

西野純也(慶應義塾大学)

                      金顯哲 (東北亜歴史財)

 

 

15:30-15:45     Coffee Break  

 

15:45-17:45  第3セッション 歴史のなかの日中韓・未来のための日中韓

―韓中修交20年・日中修交40年の機会に―

                  

                                  司 会: 小此木政夫 (九州大学)

         発 表

 日本側 : 加茂具樹 (慶應義塾大学) 

 「日中修交40年史のなかの日中両国間の

相互認識の変遷」

                                       韓国側 : 李鍾国 (東北亜歴史財)

              「東アジアにおける修交の国際政治」

                                       中国側 : 韓献棟(政法大学)

              「歴史で未来を見ることができるのか

-中日韓と東アジア地域秩序」

討 論(参加者全員)

 

17:45~18:00    閉会の挨拶

 

   小此木政夫 (九州大学)

   朴鍵一 (社会科学院亜太·全球戦略研究院)

 

18:00~     レセプション

 

*このシンポジウムは東亜日報(韓国)に一部報道された。

http://news.donga.com/3/all/20120425/45772281/1